ブラック企業と鬱病

  01, 2016 22:37

今日から12月に入りましたね。

早いものであと一ヶ月で2016年も終わってしまいます。

今年は良い年だったのかな?

でも、母親が逝ってしまったので喜ぶ年ではないな。

其れでも去年抱えてた問題が解決していって昨年と比べたら

其れなりなのかな。

ブラック企業、長時間労働で病を抱える方が増えた年でもあると思う。

電通の事件があったけど、その前からブラック企業の話しは出てたはず、

世の中に何かサインが出てたはずなのに。

ブラック企業大賞となるものも現れたよね、

その大賞となった会社にフランチャイズ店として店舗を構えてた会社に

私は居た訳だが、ほんとうに酷い扱いをされたよ。

殆どオーナーと変わらないお店を任された訳だがそこには、

オーナーの奥さんがいて、自由はきかなかった。

オーナーと奥さんの間に挟まれた私はどんどん体調が悪くなっていった。

労働基準監督署の方が、私は長時間労働は勿論の事オーナーと奥さんに挟まれて

苦しんだ事も労災認定になったとも話されてた。

うつ病の労災認定って難しいと言われてるが、

中途半端な病や就業事案では難しいのも当たり前と思う。

本当に身体が動かなくなって苦しんでいる人間は労働基準監督署も

見捨てはしない。

よくね、貴方も労災が認定されるかもしれない!

社労士や弁護士に相談される事を勧める記事がありますが、

勿論否定はしませんが、其れより本当に自分がうつ病で労災認定されるのなら

そんな余裕はないはすです。

だって身体がもううつ病の状態なんだから。

自分で労働基準監督署に駆け込んで相談するのが一番良いのですが、

やはり、気力や体力等、うつ病の内容によっては動けない方もいると思います。

そういう時は第三者に相談される方が良いでしょう。

そして会社の労働組合があればそこへ、無ければユニオンとか

相談する事が大事と思います。

私は何も知らなかったので自分で労働基準監督署に駆け込んだのですが、

そんなに労力とか要らなかったです。

ただ、労働基準監督署も職場の事とか調べるので調書みたいな取られます。

私は4~5回労働基準監督署に行きました。

詳しく内容も伝えないといけません。

労働基準監督署の方々は職場にも色々と調査をかけます。

うつ病って、こんなに大変な病気になってる自分を見失います。

周りに振り回されてしまう事もあると思いますが、本当にうつ病と診断されて

体調が悪ければ電話でも良いので労働基準監督署に相談されるのが良いかもしれません。

ブラック企業は従業員の事なんて何とも考えてません。

従業員やその家族の事を口では守るような事言いますが、

嘘八百で会社の都合の良いように従業員を酷使します。

殆どが私はそうだと思います。

自分の勤めてる会社がブラック企業と感じたら、何も無理する事はありません。

自分を自分で守るようにして欲しいと思います。

特に長時間労働は今後もっと問題視されることでしょう。

長時間労働をして何も良い事はありません。

偉くも格好良くもありません。

そうは言っても会社と揉めたり辞めたりしたら生活が出来なくなる。

って言う方もいるでしょう。

だから嫌な仕事でも無理してやってる。

これは山の頂上から谷底に落ちてゆくのと一緒です。

国は人を守ってくれます。

役所や国に相談してちゃんとした事案でしたら必ず助けてくれます。

そう思ってます。

そう思いたいと思います。

これでいいのだ!

関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New