天国に着いただろうか。

  25, 2016 21:37

悲しいことに今月の12日に義理の兄が亡くなった。

亡くなる一週間前に危篤の連絡があり急いで名古屋へと向かった。

その時は、意思疎通は出来なかったみたいだが、お水をと何度も話してたそうだ。


担当医からは一週間がもつかどうか、、、、、、

でも、二日目、三日目と少しずつ快復してるように見えたそうです。


私は義理の兄に会うことは出来なかったが家内は実の兄なので面会は許されてた。


この調子だと一か月、二か月大丈夫だろうと考えて東京へと戻ってきた。

リハビリも始めると聞いたものだから絶対に助かると思ってた。


然し人の命とは運命とはわからないもので、 

12日名古屋から電話があり義理の兄が危ないと、、、、、、、、


名古屋に在住の身内の方が急いで病院へ駆けつけたが間に合わなかった。


急遽、再び名古屋に向かった。


名古屋に着いたのは深夜でした、やっと義理の兄に会えたけど天国へ旅立ちの準備でした。


寂しくて悲しくて心が折れた瞬間だった。


13日にお通夜、14日に葬儀となり一週間名古屋に滞在した。


お通夜、葬儀では泣かない!と決めてたのに家内より泣いた。

もう何も話せることができなくなっちゃったなぁ。


斎場で義理のお兄さんのお骨を骨壺に納めた。本当にもう会えない。


もう一度、義理の兄と吞みながら語りたかったというのが本音で。

色々としがらみとかあったけど、それでも吞みたかったなぁ。


名古屋ではホテルを予約して5泊したが、葬儀の次の日お兄ちゃんの親戚[若い人ばかり]と

呑んだ。

それからか、自分の体調が悪くなり今も優れない。

お兄ちゃんからの忠告なんだろうな。


呑みすぎるな!って。


東京に戻ってきても体調が戻らないし食欲が出なくなってきた。

ちょっとだけご飯もの食べるとすぐにお腹一杯?って感じてしまう。


ビールもいつもだったら500ml3本は飲むのだが、今は一本飲むと身体がお酒もご飯も

受け付けなくなる。


今日はXmasなんだな。


もう少しで今年も終わりだね、一年間僕の中では凄い目まぐるしく過ぎた一年だった。


母が他界して裁判が落ち着いて労災が認められてお兄ちゃんが他界して・・・・・・。


私は何をやった一年なのか、一日一日過ぎるのが早すぎてしかたない。


こうやってブログ書く気になっただけでも良しとしなければ。


お兄ちゃんは天国に着いただろうか・・・・

嫌われてたかもしれないが、いつかそちらの世界で会えたら呑もう。


そう思ったが、私は天国には辿り着けないだろう。

そんな人間だから。


お兄ちゃん、また会えますように。

関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New