長時間労働、過重労働について。

  29, 2017 16:17


もう今更、語りたくない昔の職場ですが。

店長という職責になるには本社へ行って2週間の研修期間がある。

なので、いきなり某コンビニの店長にはなれないはずである。


お店の管理全てをやらなくては行けなわけで、ど素人には当然無理な話し。

人事の管理、売り上げの管理、商品の管理等、色んな業務があるのです。

細かく言うとレジ操作や発注業務、商品陳列、クリンリネス、もう数えきれないほどの

業務があります。


そんなコンビニで、店長代理を任されたわけですが。そりゃー無理があるでしょ!


分からないことがあると直ぐにオーナーへ連絡して業務を行う。

いやいや、わたしが務めたお店にはオーナーの奥さんがいた!だから細かい事は

奥さんが知ってるはずだし出来るはず。

だってオーナーとして夫婦でお店出すのに研修行ってますから。

なのに、何も知らない奥さん!

それと最悪なのがオーナーと奥さんの意見が真っ向わかれてること!!!


オーナーが、これはこうだと言うと!正反対の事を言う。


陳列も二人の意見が合わないので、何度も作り直したり・・・・・。


わたしは、コンビニ本部の方に相談しました。

もう無理です!この二人の間に入って仕事するのは!

本部からも注意してください!!と何度もお願いしたが・・・・・。

まぁ、本部はお店が営業出来て売り上げさえあればお構いないしなもので、

聞く耳を持たなかった。


直談判でオーナーに話したこともある。

残念ながらオーナーは口だけの人間でした。


そんな中でも、仕事の責任感から身体壊すまで働いた。

人がいなければ何時間でも働いた、働きは働きそれでも自分の仕事は終わらなかった。


残念ながら、そこの店は最低なオーナー夫婦のお店で売り上げが多少あるものの、

忙しいだけで自分の身には何一つ帰ってこなかった。

ただ一つ学んだのは、口だけの人間は成長しない!ずっと同じままだ。

そして身体を壊すほど働くものじゃないと!つくづく感じた。

ただ、性格もあるのだろう頑張る人は頑張り過ぎちゃうんだろう。

働いてるときは長時間労働も過重労働も気づかず、我武者羅に働いてた。

無駄な時間を過ごしたと後悔しきれない。


今日は風化させたくない自分の事を書き留めておいた。

以前にも書いてたであろうが、これからも何度も書くかもしれない。


それだけ、オーナー夫婦に対しての憎しみは大きい。


おわり。


関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New